ダイエット中の余計な食欲を抑える方法!

こんにちは、原田諭(さとし)です。

 

今日はシンプルに、ダイエット中の食欲を落ち着かせる方法です。

正確には、食欲がわかないようにする方法です。

食欲が増してから、何かでごまかすのではなく、根本的に、余計な食欲がわかなくなります。

 

・生理前の食欲

・寝る前の食欲

・何度も増してくる食欲

 

どんな状況の食欲にも効果的な、余計な食欲がわかないための基本です。^^

 

ダイエット中に、余計な食欲がわかないための方法

 

それは、バランスのとれた食事です。

 

これは、僕のお客様が実際に食べている食事です。

ご飯、野菜、タンパク質など、バランスよく食べられています。

 

食べるべき物を食べると、余計な食欲はわきません。^^

 

僕は、2013年から、ダイエットのパーソナルトレーナーをしていますから、多くの方を見てきました。

 

その中でも、「食欲が増してしまう」という方に多いのが、

食事を減らしすぎていることと、偏りです。

 

朝食をパンにしたり、朝昼兼用になっている方も少なくありません。

 

自分では気づいていなくても、ある栄養素だけが、ものすごく不足している、ということもあります。

 

体に必要な物は、しっかりと食べましょう。^^

 

生理前の食欲が落ち着いて、12キロ痩せた女性の食事

 

余計な食欲がわく原因

 

人の食欲は、ホルモンバランスによって決まります。

 

・食事

・睡眠

・ストレス

・お酒

・生理

 

これらのバランスが崩れることで、ホルモンバランスが乱れ、余計な食欲が増します。

 

ですから、睡眠の時間をしっかり確保することや、ストレスを溜め込まないことも大事です。

 

寝不足のときや、夜更かしをしているときに、カップラーメンやカステラなど、カロリーの高い物を食べたくなったことが、1度はあると思います。

 

この原因もホルモンバランスです。

 

人は、夜更かしをするだけで、食欲が増します。

しかし、その反対のことをすれば、食欲も落ち着きます。

 

僕のお客様が空腹を感じない、もう一つの理由

 

僕のお客様には

「空腹はがまんしてはいけませんよ」

と、お伝えしています。

 

空腹=脂肪が燃える

 

と、思っている方が、本当に多いですが、空腹で燃えるのは筋肉です。

 

それに、お腹に食べ物があるとき、というのは、内臓が働いています。ということは、基礎代謝が上がっているのです。

 

ですから、空腹はがまんしては、いけません。

 

1日3食と間食も2回。

 

合わせて、1日5食は、最低でも食べています。

 

これが、僕のお客様が空腹を感じることなく、痩せられる理由です。

 

さっき食べたばかりなのに、もうお腹が空いた。

 

夜ご飯の後に、何かを食べたくなってしまう。

 

こういったことも、なくなります。^^

 

基本的に僕のお客様には、寝る、3時間から、4時間前に夜ご飯をすませてもらっています。

 

それでも、夜ご飯をしっかり食べていますし、睡眠の質も良いので、眠れるのです。

 

「原田先生!お腹が空きすぎて、眠れません」

 

ということもありません。

 

小さなお子様がいる家庭など、夜ご飯を食べる時間が、あまりにも早い場合は、その後に空いてしまうこともありますが、

 

その時には、夜ご飯を2回に分けたり、間食で調整します。

 

夜ご飯を2回に分けると言っても、2回とも、しっかりと準備をして、食べなければいけない訳ではありません。

 

1回目は、子供と一緒に、少なめに食べて、2回目は、台所でつまむ程度でもいいのです。

 

旦那さんの食べる時間が違うのであれば、旦那さんの食事を準備しているときに、つまむのでも良いです。

 

こうした工夫をすると、余計な食欲と戦わなくてすみますよ。^^