卒乳後のダイエット!断乳後は太ると言われている中、キレイに痩せる方法

こんにちは、原田諭(さとし)です。

一般的に卒乳後は、体重が増えると言われています。母乳の分の消費カロリーがなくなるからです。

でも、大丈夫です。

卒乳後も痩せられます。たるんだお腹もキレイに引き締まりますよ。

卒乳後は、確かに消費カロリーが減ります。

しかし、だからと言って、運動をたくさんすることは体力的にも、時間的にも現実的ではありませんよね。

 

あまり食べていないのに痩せないと、さらに食事を減らしたくなるかもしれません。

でも、ちょっと待ってくださいね。

卒乳後は、卒乳後なりの痩せ方があります。

 

僕はお客様のご自宅に出張して、ダイエット専門のパーソナルトレーニングをしています。

ですから、子育て中のママをたくさんサポートしてきました。

スポーツジムで働いていたときには、ない経験です。

そんな僕だからこそ、お伝えできることがあります。

 

・食欲は落ち着いたのに太ってしまった

・授乳の回数が減るとともに体重が増えてきた

・スタイルが戻らない

 

参考にしてくださいね。^^

 

卒乳後のダイエット!キレイにやせる方法

卒乳後でも僕のお客様は、1日10分から15分ほどの自宅でできる運動。

1日3食。

間食は2回。

無理なことをすることなく、キレイに痩せています。

 

ちなみに

母乳も終わりましたし、体重が減らないと、食事を減らしたくなると思います。

しかし、減らすほどに痩せなくなります。

 

落ち着いて、食事と運動を変えれば大丈夫です。

 

ただでさえ、ホルモンバランスの変化がおこるときなので、焦りは禁物です。

焦りは禁物ですが、待っていても減るわけではありません。生理が始まれば減るという人もいますが、何もせず減るわけではありません。

変えられることは、変えましょう。

では、何をどう変えていけばいいのか?順番に説明しますね。

まずは、食事からです。

 

卒乳後に痩せるための食事

まずは、基本中の基本からです。

子供の面倒をみていると、つい、早食いになりませんか?

なりますよね。

1口で30回噛むことも大事ですが、食事に時間をかけてください。

 

実は、お腹に食べ物があるときというのは、基礎代謝があがります。

授乳の分の消費カロリーが減った今、積極的に上げたいのは、基礎代謝です。

 

基礎代謝のメインは内臓。

つまり、お腹に食べ物があるときは、すごくカロリー消費しているのです。

消化吸収するために、頑張っているのですね。^^

 

ですから、同じ量を食べるにしても、回数を分けたり時間をかけると効果的なのです。

 

子供のめんどうを見ていると、自分のことは後回しになってしまう気持ちはわかりますが、イスに座って落ち着いて食べなくても良いのです。

 

作りながらおかずをパク

子供に離乳食をあげている合間に自分もパク

子供が食べ終わったらパクパク

途中、手を止めて子供のお世話

お世話が終わったらまた、パク

 

などでも良いのです。

まだ、職場復帰していなければ、自宅にいる時間が長いですよね。

(ヒマと言っているわけではないですよ)

自宅にいる時間が長いことを有効活用して、ちょこまか食べましょう。

 

1番良くないのは、1食分を無理に早く食べること。

例え5分で食べなければいけない状況でも、1食分を無理につめこむよりも

5分間ゆっくりと、食べられる分だけ食べたほうが良いです。

そのほうが意外と、腹持ちも良いです。

 

そして、次に大事なのが内容。

 

食欲が落ち着いているのに体重が落ちない人に多いのが、食事を減らしすぎているケース。

食事を減らして減るのは基礎代謝。

食事の量や回数を減らすことは効果的ではありません。

もちろん、食べすぎもダメですけどね。^^

でも、食欲が増す原因も、食事内容であることが多いですよ。

 

そして、実は食事の内容は、産後ダイエットではない人と変わりません。

こちらの記事に写真が載っているので、見てください。

食事制限の効果はいつから?12キロ痩せる食事内容とコツ

最低限、このくらいの量は必要です。

この量を食べても、体重が減るようにしていかなければいけません。

だからと言って、ものすごい運動をする訳ではないですよ。

 

先ほどお伝えした、食事に時間をかけることと

これからお伝えする運動のコツを抑えれば大丈夫です。

 

卒乳後キレイに痩せる運動

 

「大きな筋肉をきたえて、代謝を上げる」

確かにこれも方法のひとつなのですが、その前に変えなければいけないことがあります。

 

それは、姿勢です。

 

「じゃあ、骨盤矯正だ!」

 

と、なるのは少し待ってくださいね。^^

先に理由を知ってください。

 

妊娠出産によって、骨盤は簡単に言うと、後ろにかたむき、猫背になります。

 

産後特有のこの姿勢は

 

・呼吸が浅くなる

・内臓の働きが悪くなる

・体を動かしても、カロリー消費が少ない

 

など、ダイエットにおいて、大きなデメリットとなり

 

・バストが垂れる

・ヒップが下がる

・くびれがなくなる

 

こういったことの原因になります。

 

産後、キレイなスタイルに戻っているモデルの方は、みんな姿勢が良いですよね。

痩せたからキレイにスタイルになったのではなく、姿勢を良くするからキレイなスタイルになれるのですよ。

 

ただですね。

姿勢と聞いてすぐに思いつくのが骨盤矯正だと思います。

しかし、それだけでは、不十分なのです。

 

妊娠出産によって、落ちてしまった

 

姿勢を維持するための筋肉

 

を、つけてあげることが必要なのです。

僕は骨盤矯正もやっているので、骨盤矯正を否定しているわけではありませんよ。^^

 

筋トレと一緒に、骨盤矯正も同時におこなうとさらに効果的です。

筋トレは、このようなことで、十分です。

参考にしてくださいね。^^

【女性向け】ダイエット中の筋トレメニュー!初心者が自宅で効果を出せるようになるまで