ダイエット中!有酸素運動をしても痩せない場合は、食事を変えれば痩せますよ

こんにちは、原田諭(さとし)です。

有酸素運動をしているのに痩せないと、落ち込みますよね。

でも、食事を変えれば痩せられますよ。

僕のお客様のほとんどは、有酸素運動をせずに痩せています。

メインは健康的な食事です。

しかし、中にはウォーキングなどをしている方もいて、していない方に比べ、痩せるスピードが早いです。つまり、すでに有酸素運動ができているあなたなら

後は食事の正しい知識をつければ、すぐに痩せられますよ。

有酸素運動にもコツがあるので、合わせてお伝えします。

有酸素運動をしているのに痩せない人に足りない、食事の知識

有酸素運動による消費カロリーというのは、思っているよりも大きくありません。もちろん、半年、1年と積み重なれば、やらないよりは、やったほうがいいです。

しかし、有酸素運動をしているから、

「ちょっとくらい食べても平気」というほどには、消費できないのです。

僕は趣味で草野球をやっているのですが、太っているオジさんがたくさんいます。2時間ほどの運動をしても、その後にビールを飲んだりすれば、マイナスなのです。

でも、ですね。

有酸素運動という努力をできるあなたなら、食事も変えられます。

例えばランニングは、手軽にできそうな運動ですが、天候に左右されやすく、意外と習慣にするのは難しいのですよね。

それができるのですから、食事もできる。

それと同時に、体重も減ります。

生理で減らない期間を除き、1週間以内に減り始めますよ。

では、具体的に何をどのくらい食べるのかは、こちらの記事を参考にしてください。

あなたが食べている食事とは、きっと違うはずです。^^

食事制限いつから減る?20代女性が8ヶ月で12キロ痩せた方法【メニュー実例付き】

有酸素運動のダイエット効果をより良くするために

せっかく有酸素運動をしているのですから、少しでも効果をあげましょう。

ちょっとしたやり方の違いで、効果はまるで違います。

空腹時にやってもいいの?

マラソンなどの場合は、走り方も重要ですが、運動の、どのくらい前に食事をするのかが1番大事です。

必要な物を食べれば、脂肪は燃えます。

食べなれなければ、筋肉が燃えてしまいます。

この差が、ものすごく大きいのです。

まず、やってはいけないのが、空腹の時に運動をすること。人は空腹のときは、筋肉が燃えます。これは運動をしていなくても同じです。

そこでさらに運動をすれば、ますます筋肉が燃えてしまいます。

脂肪が燃える有酸素運動前の食事時間

脂肪を燃やすためには、90分から120分前に食事をしましょう。

この時間に食べておくことで、脂肪が燃えます。

食べるものは、ご飯などの炭水化物と、肉や魚などのタンパク質です。

ダイエットに必要な有酸素運動の頻度

頻度は色々なことが言われていますが、自分なりに続けていける頻度がいいですよ。

ちなみに、ダイエット中にだけ行っても、あまり意味がありません。

無理なく続けていける頻度でおこないましょう。

ダイエット中!筋トレと有酸素運動の順番

合わせて筋トレもしている場合は、筋トレを先にやりましょう。

筋トレをすると、大きな脂肪のかたまりが細かく分解されます。

そうすると、脂肪が燃えやすくなるのです。

まとめ

とにかくまずは、食事を見直してください。

食事を変えれば、痩せます。

イメージとしては

・食事=脂肪燃焼

・有酸素運動=脂肪燃焼の補助

・筋トレ=理想のスタイルを作る

です。^^

こうしたダイエットのコツは、こちらでも話しています。