有酸素運動の時間は20分以上?痩せるために効果的な時間の目安

こんにちは、原田諭(さとし)です。

マラソンなどの手軽にできる有酸素運動ですが、昔から「20分以上やらないと脂肪が燃えない」と言われていたり、人によってはそんなことはないと言います。

これでは、せっかく痩せるために頑張っているのに、どうしたらいいのか分からないですよね。

そこで今回は、根拠のある説明と、痩せるために必要なことをお伝えしますね。

有酸素運動は本当に20分以上必要?

20分以上やらないと脂肪が燃えないというのはウソです。

これは、厚生労働省が20分以上の運動を推進したことが、間違って広まってしまったようです。

運動直後から脂肪は燃えます。

しかし、運動直後から脂肪が燃えるようにするためには、運動前の食事がポイントになります。

例えば、空腹の状態でおこなえば、減るのは筋肉です。

正しい時間に、必要な物を食べることで脂肪が燃えます。

このことについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ダイエット中!有酸素運動をしても痩せない場合は、食事を変えれば痩せますよ

痩せるために効果的な、有酸素運動の時間

自分の体力や生活に合わせて、無理なく続けていける時間で行うのが大事です。

頑張っているのにショックかもしれないですが、有酸素運動のダイエット効果は微々たるものです。

ダイエット専門のジムが増えましたが、筋トレはするけど有酸素運動はしないところがほとんど。このことからもご理解頂けると思います。

しかし、有酸素運動には意思が強くなる効果があります。

これはダイエットにおいて、ものすごく大きな効果です。お菓子を減らすなど、自分で決めたルールを守りやすくなります。

そのための目安は、30分を週に3回です。

ですが、ダイエットは他にも変えることがたくさんあります。食事は当然のこと、筋トレも大事です。

メインはこの2つです。

好きで行うのであればいいですが、無理しておこなうくらいであれば、食事と筋トレに力をいれましょう。

そのほうが痩せられます。^^

食事と筋トレはこの通りにやれば、大丈夫です。