お菓子をやめたい?やめなくても痩せられる!少量で満足できるようになる方法

こんにちは、パーソナルトレーナーの原田諭(さとし)です。

ダイエットをしていて1番悩むのは、お菓子をやめられないことではないでしょうか。

 

お菓子をやめて、ダイエットに成功したい。

 

そう思いますよね。

 

しかし、僕のお客様は、お菓子も食べながらダイエットに成功しています。

 

なぜなら、少しの量で、満足できるようになっているからです。

 

毎日食べていたのが週に1回に。食べ始めれば止まらなかったチョコは、2.3粒で満足できるようになるのです。

 

お菓子を我慢してやめようとする方が多いです。

 

ですが、我慢をすると反動によるリバウンドが怖いですよね。

 

それであれば、はじめから、少しの量で満足できるようになれば、いいのです。

 

そうすれば、痩せることも、維持することも難しくありません。^^

 

正しいやり方を知れば、1ヶ月で食べられる量が減ります。

 

ストレスを感じることなく、お菓子を減らすことができるのです。

 

では、そのやり方を、お伝えしますね。^^

 

お菓子を少量で満足できる3つのポイントとメリット

 

ポイントは3つあります。

 

その3つを意識しながらおこなえばあなたも、お菓子を、少量で満足できるようになります。

 

満足感のある食事で痩せる

 

一つ目のポイントは

 

日頃の食事を満足感のあるものにすること。

 

お菓子を食べすぎてしまう人に共通するのが

 

・朝ごはんを食べない

 

・油を抜きすぎる

 

・さっぱりした物しか食べない

 

など、日頃の食事に満足していないことがあります。

 

例えば、油。

 

ダイエットにおいては大敵と思われがちですが、食欲や気持ちを安定するために、欠かせません。

 

もちろん、食べすぎも良くないですが、不足すると暴食の原因となります。

 

僕のお客様は、このようなメニューを食べています。

 

 

いかがですか?

すごく減らしている訳ではないですよね。^^

 

朝とお昼には、ご飯も食べていただいています。

 

ご飯を食べない夜は、このようなメニューです。

 

 

このように、日頃の食事に満足感があると、お菓子を食べたいと思うことが減ります。

 

ちなみに、この食事は20代女性のものですが、8ヶ月で12キロのダイエットに成功しています。

 

食べる頻度を減らす

 

2つめのポイントは、食べる頻度を減らすことです。

 

例えば、毎日チョコを1個食べているであれば、2日に1回、2個食べたほうがいいです。

 

「少しなら大丈夫だよね」と何気なく食べているチョコ1個でも、また、砂糖を食べたくなってしまうのです。

 

頻度をあけていくと、甘いものを食べたいと思う欲が減ります。

 

毎日食べているのであれば2日1回。

 

3日に1回。

 

5日に1回。

 

1週間に1回と、砂糖を口にする頻度を、だんだんあけていきましょう。

 

しかし、甘いものを食べてはいけない訳ではありません。

 

例えば、フルーツ。

 

フルーツは選びかたによっては、毎日食べても大丈夫です。特にいいのが

 

・イチゴ10個

 

・さくらんぼ10個

 

・みかん1個

 

・キウイ1個

 

量は1日分の目安です。

 

この4つは糖質が少なく、おすすめです。^^

 

お菓子を作る

 

最後のポイントは、量をたくさん食べたい人向けです。

 

上記でお伝えした2つのポイントだけでも、少量で満足できるようになってきますが、手作りの効果は絶大です。

 

上白糖やグラニュー糖の変わりに、「ハチミツ」や「てんさい糖」を使うこと。

 

これをすることで、さらに砂糖の中毒から抜け出すことができます。

 

お菓子つくりというと、以前は面倒でしたが、今はカンタンなレシピを考えてくれる人がいます。

 

たくさん食べないと気が済まないのであれば、めんどくさがらずに作りましょう。

 

ダイエットにめんどくさいは禁物です。^^

 

ひとつ、かんたんなレシピをお伝えしますね。

 

カンタン!手作りチョコのレシピ

本当にカンタンです。

 

まず、材料はこの3つ

 

・ココナッツオイル45グラム

 

・100%のはちみつ30グラム

 

・無糖のココアパウダー30グラム

 

ココナッツオイルは、スーパーのサラダ油が売っているコーナーに、こんなビンに入って売っています。

 

何と言ってもカンタンな作り方がこちら。

 

・ココナッツオイルを湯煎でとかす←常温で固まってる

 

・全ての材料を混ぜる

 

・冷蔵庫に入れる

 

・20分ほどで完成

 

カンタンですよね。

 

完成したのがこちら

 

 

美味しそうに見えないのは、おゆるしください。

 

味はカカオ高めのチョコみたいです。←僕はチョコがきらいになったので食べられません。

 

このように、一昔前まではめんどうだったお菓子も今ではカンタンに作れるのです。

 

レシピは、クックパッドなどで調べれば、いくらでも出てきますよ。

 

ダイエットメニューで調べなくても、砂糖やグラニュー糖の代わりに、てんさい糖にすれば基本的には大丈夫です。

 

ダイエット中のお菓子が何度決心してもやめられない訳

 

お菓子に含まれている砂糖には中毒性があり、そのせいで、いきなりやめるのはとても難しいです。

 

僕は2013年より数百名のダイエット指導をしていますが、お菓子をいきなりやめることができたのは、たったの1人です。

 

1人では自分に甘くなってしまうとは言うものの

 

専門家が見ていても、いきなりお菓子を食べないことはむずかしいのです。

 

ですから、少しずつ減らしていきましょう。

 

早く痩せたい気持ちは、とてもよくわかりますが、焦らなくて大丈夫です。

 

お菓子を減らしている期間にも体重は減ります。

 

ダイエットが成功する頃には、お菓子を今よりも少量で満足できるようになりますから、リバウンドの心配もなくなりますよ。^^

 

お菓子をやめる・食べない・効果とメリット

 

お菓子をやめるとまでいかなくても、少量で満足できるようになるので、僕のお客様からはこのような感想をしょっちゅう頂きます。^^

 

食べ始めるとたくさん食べちゃうのですが

 

カステラが甘く感じて、今までだったら2個目も食べていたのに、食べられなかったです。

 

手作りの物を多くとるようになったので、味覚がすごく敏感になったように感じます。

 

炭酸ジュースは、一口のみで満足するようになりました。

 

(むしろ沢山飲めなくなりました。薬の味がします笑)

 

ダイエットしている感がなくてストレスを感じません。

 

ケーキを食べると気持ち悪くなって靴もゆるくなりました。

 

ふと思ったのですが、このままの生活を送っていたら何キロまで痩せちゃうんだろ〜と逆に心配になりました(^^)

 

いかがですか?

 

そもそも、甘いお菓子をたくさん食べられることが、普通ではない状態です。

 

しかし、お伝えした3つを実践すれば、普通の量で満足できるようになります。

 

そして

 

「ダイエットしている感がなくてストレスを感じません」

 

ダイエットしている感じすらないのに…

 

「このままの生活を送っていたら何キロまで痩せちゃうんだろ〜と逆に心配になりました(^^)」

 

と、嬉しい心配をするほど、痩せられます。

 

結局、ダイエットに成功するためには、お菓子を減らすことが欠かせないですが、根性や気合で乗り越えるのではなく

 

正しいやり方がある

 

といことを覚えておいてください。

 

何事もそうですが、早く結果をだしたいのであれば、正しい方法を実践するのが、1番ですよ。^^

 

お菓子の上手な断り方

 

せっかく頑張っているのに、お菓子をくれる人、ありがたいけど困りますよね。

 

持って帰れる物ならまだしも、その場で食べなきゃいけない物は本当に困る。

 

それに

 

どうせ食べるなら、自分の好きなものが良い

 

ですよね。

 

僕自身も、チョコとコーヒーが嫌いなので、昔のバイト先で困った経験が何度もあります。

 

お菓子を貰うと、お返しを考えるのも面倒くさいですよね。

 

しかし、僕はあることをすることによって、お菓子を貰わなくなりました。

 

では、どのようにすれば空気を乱すことなくお菓子を断れるのか?お伝えしますね。

 

日頃から、どのような人間関係を築いているかによっても変わりますが、基本的に

 

「ダイエット中なので」

 

と伝えるのは、NGです。

 

特に女性同士の場合は、あなただけ痩せるのは面白くなかったり、「このくらい大丈夫よ」と、何の説得力もない体で言ってきたりします。(笑)

 

今まで目の前でお菓子を食べたことがない場合は

 

「お菓子は苦手で・・・」

 

と言えば、それ以降無理にあげにくる人はいないでしょう。

 

しかし、すでに食べてしまっている場合、例えば、このような言い方があります。

 

「ごめんなさい。いま健康のためにお菓子を控えているのですよ。でも、週末は好きなものを食べているのですけどね。^^」

 

週末は食べるというのがポイントです。

 

もし、あなたがお菓子をあげるとして、後輩から先程のように言われても悪い気はしないですよね。

 

その場で食べなければいけない物

 

これはもう、本当に困りますよね。

 

机の上に置いてあるだけならまだしも、1人1人に配られてしまうと、もう食べるしかありません。

 

その場合は、今回を最後に次回からは断りましょう。

 

しかし、どれだけ丁寧に言ったところで、食べたくない側の気持ちは分かってもらえないかもしれません。

 

人それぞれ考え方が違いますものね。

 

ですから、このようにします。

 

お菓子を断る前に自分が変わる

 

例えば

 

お昼ご飯はコンビニでパスタやドリア。食後にゼリーなどを食べているとします。

 

そうすると周りからは

 

健康に気を使っていない人

 

甘い物が好きな人

 

と、思われてしまいます。

 

当然、甘いものをあげれば喜ぶと、思われてしまいます。

 

反対に

 

冷凍食品は一切使わないお弁当を持ち、飲み物は白湯を飲んでいれば、前者よりは間違いなく

 

健康やスタイルに気を使っている人

 

と、思ってもらえます。

 

極端な話

 

昼休みになるとランニングにいき、戻ってくるなりプロテインを飲むようなムキムキの人に、お菓子をあげようとは思わないですよね。

 

お菓子より、サラダチキンのほうが喜ばれそう。

 

と思われるわけです。

 

これは僕も経験しましたが、一切食べないのに、サラダチキンばかり食べているように思われます。(笑)

 

まとめ

 

では、最後にまとめです。

 

お菓子は

 

・日頃の食事をしっかりする

 

・食べる頻度をあける

 

・手作りをする

 

この3つをすることで、少量で満足できるようになります。

 

特に最初は、日頃の食事を良くすることです。

 

もちろん、その食事にも細かなポイントはあります。

 

それは、全てこちらに書いてあります。^^