なぜ、長い停滞期がこないでダイエット成功したのか!その訳と乗り越え方

こんにちは、パーソナルトレーナーの原田諭(さとし)です。

あなたも、長い停滞期から1週間以内に抜け出すことができます。

多くの人は停滞することによって、ダイエットを終えてしまいます。

でも、その気持ちはとてもよくわかります。頑張っているのに結果がでなければ、モチベーションが下がりますよね。

ですから僕のレッスンでは、「停滞しない」ダイエットをお伝えしています。

もしくは、「○日くらいから体重が減りますよ」とお伝えします。

いつから体重が減るのかが分かっていれば、少しの間減らなくても落ち込むことはありませんからね。

ワクワクしながら体重が減る日を待つことができます。

この記事では

・1週間以上の長い停滞から脱出する方法

・僕のお客様がなぜ、停滞しないで体重が減り続けるのか

を、お伝えしますね。

・ダイエットの長い停滞期から早く脱出する方法

停滞から早く抜け出すのは、思っているよりも簡単です。

停滞する原因は、食事の減らしすぎだからです。

ですから、食べるべき物を食べると体重は減り始めます。

僕のお客様が実際に食べている食事をご覧ください。

この食事は僕のお客様の中でも量が少ない方の食事です。

あなたの普段食べている食事の全体量や、品数が不足していれば、食べることを意識しましょう。

特に女性の場合、脂肪の分解に欠かせないお肉や魚のタンパク質。脂肪燃焼に欠かせない大豆や油が不足しがちです。

タンパク質は毎食。大豆は1日2食は食べるようにしましょう。

朝とお昼はご飯も80グラム〜100グラムは必要です。

こんなに食べて大丈夫なの?

と思うかもしれませんが、大丈夫です。

1週間もしないうちに体重が減ります。

生理と重なっている場合は、個人差がありますが生理4日目くらいから減り始めますよ。

・僕のお客様に停滞期がこない3つのポイント

僕のお客様は長い停滞期に入ることはありません。生理によって減らない時期をのぞき体重は減ります。

その理由は3つあります。

この3つを意識しながらダイエットすると、あなたの体重も順調に減ります。

・停滞しない食事

僕のお客様は日頃から、健康的な食事をしながら体重を減らしています。

1日最低3食+間食は2回。

朝とお昼はご飯も食べています。

食べることによって、停滞することなく体重が減り続けるのです。

この食事方法では、2ヶ月で15キロなどの過度なダイエットはできないです。

しかし、月に2キロ、あるいは3キロ程は減らすことができます。

健康的な食事を習慣にしながら半年で10キロ痩せられたら、嬉しいことですよね。

・停滞しないための筋トレ

例えば、足のトレーニングで有名なスクワットですが、初めのうちは筋肉痛がきてもすぐになれます。

そして、筋トレ初心者の方がやりがちなのが、いつのまにか回数をこなすスクワットになってしまっていること。

これでは、せっかくやっていても体の変化が少なくなります。

ですので、同じ足のトレーニングでも他の種目もやるようにしましょう。

ある程度負荷を上げていくことも大事ですが、初心者の方は別の種目もやると変化を得られやすいです。

・いつから減り始めるのかを知っている

どんなに頑張っていても、体重は右肩下がりに減るわけではありません。

数百グラムくらいは前後しますし、外食や生理のときには1キロくらい増えることもあります。

人それぞれ減るタイミングがあります。

あなたも何となく、「夏は痩せやすい」「3キロくらい減るけどその先が減らない」「昨日あれだけ食べたのに思ったより増えなかった」と、感じたことがあると思います。

そうなのです。体重の減り方には個人差があります。

僕のレッスンでは、「この調子なら○日から減り始めますよ。」とお伝えしますが、このブログではそれができません。

なので、体重と食事と生理、この3つを記録しておきましょう。

2.3ヶ月もすれば、自分が痩せるタイミングが分かるようになってきますよ。

特に女性の場合、悩むことによってさらに停滞してしまうことがあります。

体重が減る日を知っていれば、減らないときに悩む必要がないのです。

「減る日」まで落ち着いて待てます。(^^)

・本当に停滞期?

停滞から抜け出す方法をお伝えしましたが、実は、停滞期ではないことも多いのですよ。

どういうことかというと、

今日の体重というのは過去10日間の成果だからです。

ですから「昨日、一昨日あんなに頑張ったのに減ってない…」というのは違うのですよ。(^^)

過去10日間の食事を振り返ってみて

食べすぎているものがないか?逆に減らしすぎているものがないか?を確認してみましょう。

すぐに原因が見つかるはずですよ。

僕のお客様も、思うように体重が減らないときは一緒に振り返ります。そうすると、お客様自身で気づきます。

ただ、人は3日前の食事さえ忘れてしまうので、写真に撮っておきましょう。

・生理が終わったのに停滞している体重が減らない

すでにご存知かもしれないですが、生理後は1番体重が減りやすい時期です。

僕のお客様でも、生理4日目から体重が減っていく人が多いです。

反対に生理前は減りません。

しかし、生理後に体重がしっかりと減るためには、生理になる前からあることをする必要があります。

それは、バランスの摂れた食事です。

くどいようですが食べるべき物を食べていれば、減る時期に減ります。

では、特に大事な食べ物をひとつお伝えしますね。

・生理の停滞から抜け出すには◯◯が欠かせない

答えは大豆です。

みそ汁、豆乳、豆腐、納豆、枝豆、おから

など、たくさんありますね。大豆製品は女性ホルモンのバランスを整えてくれるのに欠かせません。

脂肪が減るのには全てホルモンが欠かせないのです。

日頃から不足しないようにしましょう。

生理中のダイエットに関しては、こちらの記事に詳しく書いています。

・糖質完全カットの停滞から抜け出す方法

ご飯やパン、お菓子などの糖質を完全にカットした場合、停滞はすぐにやってきます。

そこから抜け出すには、一時的に玄米かそばを食べると良いです。

反対に、お菓子は絶対にNGです。たった1口のお菓子でも太りやすくなっているからです。

しかし、これはあくまで教科書通りのやり方です。

ダイエットは教科書通りにいかない場合がほとんどです。

そこで重要になってくるのが指導経験なのですが、僕はお客様に糖質完全カットを伝えていません。

健康的に痩せることを大前提としているからです。

ものすごく心苦しいのですが、お客様に指導していないことはブログでもお伝えできません。

適当なことを言って、あなたの人生を狂わせたくないので、お許しください。

自分で解決するのは本当にむずかしいです。例えばライザップなど、糖質完全カットを指導している専門家に相談しましょう。

・停滞しらずになれば、3ヶ月で7キロ痩せることも可能

僕は2013年からダイエット指導を始めています。

トレーナーを始めた当初は、あなたと同じように停滞期は当たり前のようにくるものだと思っていました。

しかし、くるとは分かっていてもモチベーションが下がってしまうのです。

停滞が原因でダイエットをやめてしまうお客様もいらっしゃいました。

今となっては、その方に本当に申し訳なく思います。

やっぱり、頑張った結果がすぐに見えた方が嬉しいのですよね。

ですからそれからは、停滞しらずのダイエットをお伝えし、ご飯をしっかりと食べながら3ヶ月で7キロのダイエットに成功された方もいます。

もちろん、健康的にキレイにです。(^^)

あなたもこの通りにやれば、停滞知らずで痩せられますよ。

原田ダイエットジム

出張パーソナルトレーニング料金表

あなたがキレイに痩せる、10日間無料メールセミナー

営業時間:9時から21時(土日定休)

厚木市(全域)

伊勢原市(高森、高森台、石田)

海老名市(泉、下今泉、河原口、上郷)

相模原市(新戸、磯部)

座間市(新田宿)に出張しております。

お問合せ
・電話 080-1366-6502