ダイエットを頑張っているのに、体脂肪率が増えるのはなんで!?

こんにちは、原田諭(さとし)です。

今日もわんこ達に溺愛しております。^^

では、本題です。

体脂肪率が日によって違うのはなぜ?

今日は、日によって違う体脂肪率の謎について書きますね。

「体重は減ったのに、体脂肪は増えた」なんで!?

ダイエットを頑張っているのに、体脂肪率が増えるとモチベーションが下がりますよね。

でも、大丈夫です。

正しく頑張れていれば、結果はでます。

体組成計の数字は全く気にしなくていいですよ。

僕は仕事柄、色々な機械で体脂肪率を計ることがあったのですが、最大で8%も差がありました。

細かいことは割愛しますが、体脂肪率を正確に計ることは現時点ではできないのです。

水分量だけで変わってしまいます。

ですから体脂肪率は、いっさい気にしなくて大丈夫です。^^

ちなみに、基礎代謝量などの数値も同じです。

それよりも重要で、ダイエットの成果が正確に分かるものがあります。

体脂肪率よりも大事なこと

見た目

正しい努力ができていれば、見た目は確実に変わります。

胸から落ちる、お腹は最後、脚が細くならない、二の腕が引き締らない、こういったことはありえないのです。

正しくダイエットをすると

二の腕も、背中も、お腹も、足も、余分な脂肪がスッキリなくなります。

もし、頑張っているのに見た目が変わらなければ、努力が足りていないか、やり方が間違っている可能性があります。

これまでのやり方をもとに、試行さくごをできるのです。

しかし、これが体脂肪率だと、

誤差なのか?

合っているのか?

わからないので、今後どうすればいいのかがわかりません。

立ち止まってしまうのですね。

立ち止まっている時間はすごくもったいないですし、モチベーションが下がる原因にもなります。

かがみを見る習慣をつけましょう。

僕のお客さまは日々、鏡でスタイルをチェックしていますよ。

体重計で測るのは、食事制限の目安になる、体重だけでじゅうぶんです。

スタイルチェックも慣れてくると、ちょっとした変化に気づく事ができるようになります。

それが、モチベーションになるのです。^^

ここまでやってきた運動と食事で「見た目はどうなったか?」

満足いかない場合は、やり方と量を見直しましょう。

満足行っている場合は今後、停滞期がおとずれないようにしながら頑張りましょう。

停滞しない方法はこちらで解説しています。

ダイエット停滞期が長い!1週間以内に乗り越える方法と、今後停滞しない方法