ダイエット目標の決め方!1ヶ月で減らす体重の目安と、目標達成までの期間!

あなたはやせたら何がしたいですか?

・スキニーがキレイにはけるようになりたい

・夏までに水着を着られるようになりたい

・着られなくなった洋服をもう一度着たい

僕のお客様は「オシャレ」に関する目標を持っておられる方が多いです。^^

そして

明確な目標があるかたほど、ダイエットに成功しています。

なぜなら、人は頭でイメージしたことを、現実化できるからです。

多くの方は「3ヶ月で−5キロ」など、体重を目標にしています。

もちろん、体重を目標にするのはいいことです。

しかし

仮に5キロやせたとして、理想のスタイルになれなかったらどうしますか?

「体重は落ちているのに、やせたい部位がやせない」

というのは、自己流のダイエットでは、よくあることです。

そして、モチベーションがきれてしまうのです。

目標を達成する1番の秘訣は続けることです。

続けるためには、正しい目標の決めかたが欠かせません。今日はそれを覚えてくださいね。

1ヶ月で落とす体重の目安

体重は落とせばいいというものではありません。あまり急いで落としてしまうと、脂肪ではなく筋肉が落ちてしまいます。

必要な筋肉は残してあげながら脂肪を落とすと、リバウンドの予防にもなります。

そういった意味でも

1ヶ月で減らす目安は、最高で体重の5%です。

体重60キロの場合1ヶ月で3キロ

55キロの場合2.7キロです。

そう考えると、テレビなどで見る2ヶ月で15キロや、たった1週間で…などは健康面を考えると現実的ではありません。

しかし、5%とはいえ半年続けると51キロになることができます。

これはすごいことですよね。^^

達成すると「ワクワク」する目標設定の仕方

あくまで体重は目安にしてください。

体重を名札に書いて町を歩くわけではありませんし、5年前と同じ体重になったとしても、同じ体型になれるとは限らないのです。

ですから体重は目安なのです。

大事なのは「やせたら何がしたいのか」

ここを明確にしてください。

例えば

スキニーがキレイにはけるようになって、自信を持って町を歩く!

友達からは「やせたね!」「キレイになったね!」「どうやってやせたの!?」と、うらやましがられて、ニヤニヤがとまらない。

そのために、体重は48キロくらいを目指そう!

いかがですか?

達成するとワクワクしませんか。^^

頭の中で具体的に、イメージすることができますよね。

人は頭でイメージすることで、目標達成しやすくなることが分かっています。

数字は目安にして、「やせたら何をしたいのか」を具体的に考えてみましょう。

ダイエット目標達成までの期間

目標を決めたら次は、いつまでにやせるのかですよね。

自分はどのくらい頑張れば、どのくらいの期間でやせられるのか

目標達成までの期間を決めるうえで、1番むずかしいポイントです。

・夏までに

・結婚式までに

・なるべく早めに

とは良く言うものの、いつの間にか目標を忘れてしまうことがあります。

ここで大事なのは、まず、やってみること。

例えば

英会話教室に通っても自分がどのくらいの期間で話せるようになるのかなんて、わかりませんよね。

先生に聞いても「それは、あなたの努力次第です」としか、答えられないでしょう。

まず、やってみること。

それから具体的な期間を設定していくといいです。

はじめの1ヶ月で食事をこのくらい、運動をこのくらい頑張ってマイナス2キロだった。

「これ以上、頑張るのは辛いから、3ヶ月で5キロを目指そう!」

「いや、もっと頑張れるから、3ヶ月で8キロを目指そう!」

と、いったぐあいです。

それから「お友達が◯◯をやって、2月で5キロやせた」とおっしゃる方が多いのですが、参考にしないでくださいね。

あくまで、お友達はお友達。自分は自分です。

お友達とは、食べているものが違ければ、生活習慣も違うのです。

はじめの1ヶ月で、自分がどのように痩せるのかを知りましょう。

そのために、何を食べたか、何時に食べたか、生理のときはどうなったか、などを記録しておくようにしましょう。

ダイエットに成功する目標の書き方

目標は「50キロになる!」と、書けばいいわけではありません。

次の2つを書きましょう。

・痩せたら何がしたいのか

・痩せるために必要な行動目標

ひとつめの紙にはこの記事でご紹介した「達成するとワクワクする目標」を書き出しましょう。

ジーンズと白Tシャツだけでオシャレなスタイルになる!!

などです。

そしてもう一つの紙には、その目標を達成するための行動目標を書き出しましょう。

・1口30回噛む!!

・職場でのお菓子は断る!!

・筋トレを毎日3種目やる!!

などです。

この時に「食事を頑張る」「運動を頑張る」など、大きすぎる行動目標を書かないでください。

例え食事でも内容なのか量なのか具体的な課題があるはずです。

その課題が明確なほど、成功率は上がりますよ。

書いた目標を貼る、待ち受けにする

さあ、ここまできたら後は、ダイエット成功までひたすら工夫を続けていくのみです。

昔からの方法で、目標は紙に書いて目に見えるところに貼った方がいいと、言われます。

それは今も変わっていません。

もちろん、書いただけで、行動しなければ意味がないですが、書くだけで何倍も目標達成しやすくなることが分かっています。

これはやらない手はないですよね。

ただ、人によっては、よく目にするのがスマホの場合もあります。

そうした場合、スマホの待ち受けにするのも効果的です。

例えば、外で甘い物を食べたくなったときに、スマホを見ることで食べずにすんだ、ということもあります。

目標を見頃から目にするのは、とても効果的な方法です。

家の中の目に見える場所。それからスマホの待ち受けにしましょう。

モチベーションが下がらない、目標の活用方法

目標を紙に書いて、目にするようになっても、いずれ新鮮さがなくなってしまいます。

ただ、ながめるだけで、頭に入っていないのですね。

学生時代の勉強でも同じですよね。

ただ教科書をながめるだけでは、志望校に合格できないのです。

勉強では、赤ペンを使ったり、自分なりにノートを書いたりという方法がありますが、ダイエットの場合は少し違います。

このようにするのです。

 先生のメルマガを見て、目標を書いて読むのをやってみたのですが、とても良いですね。(^^)

毎日読んでいると自分の目標がなんだったのか頭に刷り込まれて行く感じがします。

意外と頭で考えているだけでは忘れてしまうんですね。笑

 

人は頭で考えているだけでは忘れてしまうのです。

お正月にたてた目標を、いつのまにか忘れているというのはよくあること。

ですから

感情をこめて読むことで本当に達成できるんだ!と、現実的になるのです。

ちょっとスピリチュアルっぽいですが、そうではありません。

ネガティブの人がポジティブになる方法は、ネガティブな言葉を一切くちにしないというように

自分が発する言葉にはものすごいパワーがあります。

具体的にイメージできるようになるまで、毎日毎日続けてください。

まとめ

僕は2013年より、多くの女性のダイエット指導をさせて頂いています。

その中で結果がでる人は、お伝えしたことをとりあえずやります。

やってみて自分に合うものは続ける。合わないものはやめればいいのです。いずれ、自分に合った方法が見つかりますからね。^^

目標は

・決める

・書く

・貼る

・声に出して読む

たったこれだけです。

あなたも必ず目標達成できますよ。^^