ダイエット中のお菓子を「やめる」「がまん」する方法!「ついつい」食べてしまうときは

こんにちは、パーソナルトレーナーの原田諭(さとし)です。

お菓子は中毒性がありますから、「明日からやめよう」は難しいですが大丈夫です。

正しいやり方なら1ヶ月もすればやめられます。

お菓子をやめるまでの1ヶ月間も体重は減りますから、安心して下さいね。

僕のお客様はお菓子を食べながら毎月1.5キロ〜3キロずつ痩せています。

僕も今でこそお菓子を食べなくなりましたが、特に中学生のときはひどかったです。学校から帰ったらお菓子、夜ご飯の前にお菓子、ご飯は少し、夜ご飯後にまたお菓子。

こんな生活を送っていました。

しかも食べ始めると止まらないので、毎回1箱とか1袋食べていました。

普通ならお母さんに「もう少しでご飯だからお菓子を食べすぎちゃダメよ」と、言われますよね。^^;

でも

僕は3人兄弟の末っ子ということもあり、そんな生活を送っていても怒られませんでした。

しかし

そんな僕でもお菓子をやめることができました。

大好きだったチョコは嫌いになり、ポテトチップスは食べたいとすら思わなくなりました。笑

いまでは2週間に1度くらいアイスを食べる程度です。

その経験をもとに、お菓子を無理なくやめる方法をお伝えしますね。

・ダイエット中のお菓子が何度決心してもやめられない訳

お菓子はいきなりやめるのではなく、少しずつ減らしましょう。

僕は2013年より数百名のダイエット指導をしていますが、お菓子をいきなり完全にやめることができたのは、たったの1人です。

1人だと自分に甘くなってしまうとはよく言うものの

専門家が見ていても、ダイエット中ずっと食べないことはむずかしいのです。

早く痩せたい気持ちはとてもよくわかりますが、焦らなくて大丈夫です。

少しずつ減らしたほうが結果として早く痩せます。

ただ、少しずつ減らすにしてもやり方がありますから説明しますね。

・タイプ別!お菓子のやめ方

・子供がいるからお菓子を買わないわけにはいかない

お菓子は自宅に置いておかないことが1番ですが、子供がいるとそうもいかないですよね。

そして

子供が横で美味しそうに食べていると、自分もつい食べたくなりますね。

僕のパーソナルトレーニングは自宅に出張していることもあり、小さなお子さんがいるお客様が多いです。

まず、子供が食べているお菓子を見て自分も食べたくなるのは、お菓子以外のところに原因がある可能性があります。

それは・・・

ご飯の早食い

あなたは子供が産まれる前、あるいは旦那さんと一緒に住み始める前と比べて早食いになっていませんか?

理由を書くと長くなるのでここでは話しませんが、

よく噛んで食べるようにするだけで「欲」が落ち着きやすくなります。

甘いものを食べたいと思わなくなるほど楽なことはありません。

急いで1食分を食べずに、ゆっくり噛んで食べられる分だけを食べましょう。

小さなお子さんがいる家庭のダイエットは、メルマガで詳しく書いています。


あなたがキレイに痩せる!10日間無料メール講座
お名前(性)  *  (例)原田
メールアドレス  *

 

・お菓子を食べ始めると止まらなくなってしまう

食べ始めると止まらなくなったり、たくさん食べてしまう場合は、たくさん食べられないようにしましょう。

僕のレッスンではこのような感想を良く頂きます。

食べ始めるとたくさん食べちゃうのですが

カステラが甘く感じて、今までだったら2個目も食べていたのに、食べられなかったです。

 揚げ物、甘いものが食べられないのが辛かったのは最初だけで、徐々に欲しいと思わなくなりました。

手作りの物を多くとるようになったので味覚がすごく敏感になったように感じます。

炭酸ジュースは、一口のみで満足するようになりました。(むしろ沢山飲めなくなりました。薬の味がします笑)

ダイエットしている感がなくてストレスを感じません。

ケーキを食べると気持ち悪くなって靴もゆるくなりました。

ふと思ったのですが、このままの生活を送っていたら何キロまで痩せちゃうんだろ〜と逆に心配になりました(^^)

 

そもそも

甘いカステラを何個も食べられたり、ケーキを何個も食べられることが普通ではない状況なのです。

僕が今までで1番おどろいたのは

 

「ケーキは1ホール食べられます」

 

という、衝撃の告白をしてくださった方がいました。( ̄□ ̄;)!!

人は「1箱」「1袋」食べないとスッキリしませんから、量を食べられないようにしましょう。

そのためには手作りです。

手作りのお菓子というと一昔前まではとてもめんどうでしたが、今はカンタンなレシピを考えてくれる人がいます。

混ぜて、冷蔵庫に入れるだけというのもあります。

たくさん食べたいのであれば、めんどくさがらずに作りましょう。

上白糖やグラニュー糖の変わりに、「ハチミツ」や「てんさい糖」を使って。

中毒性を抑えられるからです。

料理のときにも上白糖を使っているのであれば、みりんにしましょう。

だんだん甘い物が食べられなくなってきますよ。

・カンタン!手作りチョコのレシピ

ここでひとつ、オススメのレシピをご紹介しますね。

本当にカンタンです。

まず、材料はこの3つ

・ココナッツオイル45グラム

・100%のはちみつ30グラム

・無糖のココアパウダー30グラム

ココナッツオイルはスーパーのサラダ油が売っているコーナーに、こんなビンに入っています。

何と言ってもカンタンな作り方がこちら。

・ココナッツオイルを湯煎でとかす←常温で固まってる

・全ての材料を混ぜる

・冷蔵庫に入れる

・・・

ね!かんたんすぎるでしょ?^^

完成したのがこちら

美味しそうに見えないのは、おゆるしください。

味はカカオ高めのチョコみたいです←僕はチョコがきらいだから食べられません。

このように、一昔前まではめんどうだったお菓子も今ではカンタンに作れるのです。

・ダイエット中のお菓子を上手に断る方法

自分の意志で食べないようにしても、お菓子をあげにくる人っていますよね。

特に、その場で食べなきゃいけないようなものはホント困りますよね。

あげる側は悪気がなくても、貰う側としては自分の好きじゃないお菓子で太るのは避けたいところです。

持ち帰れるような物は持ち帰ったとしても、いずれその場で食べなきゃいけない物を頂いたときに困ります。

やはり、断るのが1番です。

しかし、言い方は気をつけたいところです。

例えば、このように言ったらどうでしょう。

「ごめんなさい。いま健康のたまにダイエット中なのですよ。でも、ずっとがまんすることはできないので週末は1個だけ好きなものを食べているんですけどね。^^」

週末に食べるというのがポイントです。

「ダイエット中だから食べない」だと、どうせ続かないと思われてしまいます。

それに、あなたがお菓子をあげる立場のとき、後輩から先程のように言われても悪い気はしないですよね。

後は行動でしめすのです。

職場でお昼ご飯を食べた後にゼリーや甘いものを食べていれば、あなたは甘い物が好きな人だと思われています。

特に男性は、女性のそういうところを見ています。

ですから甘い物をあげれば喜ぶだろうと。

しかし、自分が変われば相手も変わります。

甘い物が好きな人だと思われないようにしましょう。

例えば僕は、このブログやフェイスブックなどで「お菓子は食べない」ということを言っています。

そうすると、どうなるか?

僕にお菓子をくれる人はいません。

パンケーキを食べに行こーと誘う人もいません。

それで良いのです。

いやらしい話ではありますが、お客さまからお土産などを頂くときに多いのが「オリーブオイル」です。

普通ならチョコをもらうことが多いでしょう。

しかし、僕はそういったものを発信しているから、健康に気を使ったものをくださるのです。^^

・お菓子を食べたいと思わなくなる魔法の方法

そもそもおかしを食べたいと思わなくなれば、これほどダイエットが楽になることはありません。

おかしが大好きだった僕も、週に1回アイスを食べられれば、じゅうぶんです。

それはがまんをしている訳でなく、食べたいと思わないのです。

では、どうすれば良いのかというと

・ふだんの食事を良く噛みながら食べること

・最低でも1日3食を食べること

これだけと思うかもしれません。

しかし、おかしをたくさん食べたくなる人の特徴として、ご飯をしっかりと食べていないことが多いのです。←これ本当に多いです

特に、朝ご飯を抜いている人が多いです。

僕もお菓子をたくさん食べていたときは、朝は食べず、夜はカップラーメンとか適当にすませていました。

朝を抜くというのはお相撲さんが「太る」ためにやっている方法。

1食1食しっかりと食べれば「満足感」があり「お菓子を食べたいと」感じにくくなるのです。

・コンビニやスーパーで買うはずじゃなかったお菓子を買わなくなる方法

スーパーやコンビニに行くと、買う予定のなかったものを買ってしまった。

という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

スーパーやコンビニにいる時間が長くなるほど、誘惑に負けやすくなります。

そして、相手は「買う予定のなかったもの」を買わせるプロです。

買い物にいくときには、買うものをメモしてから行くことが大事です。

レジの横に置いてある100円程度で買えるおかしは、まさにお店側の作戦です。

買う予定のなかったものは、買わない習慣を身につけましょう。

・ファミリーパックは逆効果

お得感のあるファミリーパック。

実は、ファミリーパックのほうが食べきるのが早いという研究データがあるのです。

人間は1袋全部食べないとスッキリできないのですね。

ファミリーパックの小分けにされた1パックではなく、1袋全部です。

1日1パックと決めていても、棚の中に入っているのがわかると、モヤモヤするのです。

自宅にはあまりたくさんのお菓子を置いておかないようにしましょう。

・まとめ

モデルのようになりたいのであれば別ですが、多くの女性が憧れるスタイルにはお菓子を食べながらなれます。

いきなり「お菓子をやめる」という発想は捨てて「少量で満足できるようにする」

そのためには、普段の食事が欠かせないことを覚えておいてください。

後はこれをすれば痩せられますよ。^^