産後ダイエット!成功者が語る、早く痩せる食事と家でできる運動

こんにちは、パーソナルトレーナーの原田諭(さとし)です。

「産後ダイエットは痩せやすい」と、良くいいますよね。

ですが、実際には母乳のことを考えると食事を減らしすぎることもできないですし、早食いになってしまったりと、自分のことが後回しになりがち。

しかし、産後ダイエットとはいえ、特別なことは必要ありません。

基本は、健康的な食事と、自宅でできる筋トレです。

それで痩せられます。

妊娠前には感じなかった体の衰えや、肩こり、腰痛などがあっても大丈夫です。

僕が、出張パーソナルトレーニングを始めてからは、つねに1人か2人は、小さなお子さんがいるママさんです。

産後ダイエットの成功事例も増えてきました。

実際に僕のお客さまがやっていることをもとに、産後ダイエットに成功する方法をお伝えしますね。

お腹や二の腕のたるみも、スッキリと引き締りますよ。

産後ダイエット、成功事例

まずは、この方法を実践するとどうなるか?

お客さまの感想をご覧下さい。

原田先生

この度は本当にお世話になりました(^^)/

先生のおかげで一生無理なく続けるダイエットが身につきました。

なにより食べ物について本当に勉強になりました!

何をどれだけ食べていいか。は、このレッスンを受ける前に独自で行なっていた食事制限とは全く違うものでした。

こんなに食べてるのに減って行く。笑

なんて不思議なんでしょう。笑

運動についても何回「これだけでいいんですか?」と聞いたことか\(^^)/笑

先生には本当にお世話になりました!

授乳中なので、たくさんお勉強して、その都度ご連絡して下さり本当に感謝しています。

46キロ行ったらまたご報告させてください。

目標だった

Tシャツにデニムが似合うかっこいいママ

この夏はこのスタイルでたくさんお出かけできました。

今日もこれからTシャツにデニムで子供を連れて遊びに行ってきますヽ(^ω^)ノ

本当にお世話になりました!

そして、その後

せんせー\(◡̈)/♥

昨日の朝、目標達成しました⭐

昨日は目標達成のお祝いとご褒美デーだったので、夜お肉を食べたので今朝の体重はやはり増えてましたが🤓笑

ここまでこれたのは先生のおかげです☆

 

目標達成おめでとうございます。^^

ここまで出来るようになれば、少しくらい増えても自分で調整できますからね。

さて、頂いた感想からも分かるように

産後ダイエットも食べるべき物を食べると、落ちますよ。

そのほうが、子供のためにもなりますしね。

産後ダイエットはいつから始める?

一般的に運動を始められるのは、産後2.3ヶ月後からと言われますよね。

ただ、帝王切開など、状況により変わりますから、主治医から運動をしても大丈夫と言われてからが良いですよ。

僕のパーソナルトレーニングを受けて頂く場合も、お医者さんから運動の許可がでてからとなります。

産後ダイエット、授乳中、卒乳後の食事

授乳中も卒乳後も、更に言えばその後もずっと食事は大きくは変わりません。

バランスの良い食事です。

妊娠中は特に、葉酸と言われるビタミン系が必要と言われますが、出産した後も卒乳後もずっと必要です。

必要な栄養素をしっかりとることで、体重は落ちます。

しかし、大きな落とし穴があります。

それは

「産後は痩せやすい」

「授乳はカロリーを消費するから落ちやすい」

この言葉を信じすぎると、食べ過ぎになってしまいます。

落ちやすいのは間違いないことなのですが、出産によって筋肉が大きく失われていますから、消費カロリーも、ものすごく落ちている訳です。

落ちやすいからと、油断しないようにしましょう。

そして、日頃からお肉では油の少ない、鳥ムネ肉やササミを選ぶと良いのですが

産後は特に、このちょっとしたことが、大きな差をうみますよ。

その他の食事は、ここに全て写真付きでのせましたから、参考にしてくださいね。

朝、昼、夜の食事例。それから間食ものっています。

産後ダイエット、家でできる宅トレメニュー

僕がおこなっているパーソナルトレーニングは、普段から自宅で出来ることをお伝えしていますから、ジムなどに通う必要はありません。

子供が小さくて、目がはなせなくても大丈夫です。

長い時間やる必要もありません。

ただ、それでも中にはぐずってしまう子もいます。

実際に、パーソナルトレーニング中に、子供が泣いたり、腹筋中にママの上に乗って来たり、そういった事があります。

その場合には、子供を抱っこしながら腹筋をするなど、工夫すればやり方はいくらでもあります。

例えば、先程の女性は踏み台昇降(ステップ台を使った階段の上り下りのような運動)を2回に分けて行ったりしていました。

1回で20分程やっていると、子供が待てないからです。

有酸素運動は20分以上やらないと意味がない。という方もいますが、今の環境で出来ることをやる方が大事です。

筋トレは、例えば、このようなことをしています。

・背中とお尻のトレーニング

・チューブを使った背筋

これ、見た目以上になかなかキツイのですよ。

自己流でやると、最初のうちは難しいですが、10回から20回程できるくらいの強度でやると良いですよ。

産後ダイエット、お腹、二の腕、お尻、太もも

産後は姿勢に特徴がありまして、その姿勢が

・二の腕のたるみ

・背中のお肉

・ヒップと太ももにメリハリがなくなる

・くびれができない

・下腹がぽっこり

こういった、原因となります。

例えば

二の腕のたるみの原因は抱っこなどによる猫背が影響するので、猫背を解消する筋トレが必要です。

よく間違う、「二の腕のトレーニングをすれば、二の腕が引き締る」訳ではないのです。

二の腕がたるんだ原因をなくすトレーニングをするのです。

例えば、先程の背筋は猫背を改善する、ひとつのトレーニングです。

自分に合った運動を見つけるのは、本当に難しいことですから、それを聞くだけでもお近くのパーソナルトレーナーに相談する価値がありますよ。

産後ダイエット、骨盤矯正

産後は骨盤がゆがんでいることは、ご存知の通りです。

トレーニングだけでも骨盤の位置を戻すことは可能ですが、骨盤矯正を一緒に行うと効果が早いのが特徴です。

しかし、骨盤矯正だけではすぐに戻ってしまいます。

必ず筋トレも一緒に行いましょうね。

産後ダイエットの悩み

産後も基本的にはやることは変わらないのですが、やはり産後ならではの悩みがやってきます。

例えば、早食いになったり、自分の食事が後回しになってしまったり。

このようなことを上手く乗り越えると、産後ダイエットは成功します。

それでは、ひとつずつ乗り越えるポイントをお伝えしますね。

早食い

子供のお世話をしながら食べていると、つい早食いになりがちですし、味わって食べられないですよね。

しかし、よく噛んで食べる事はダイエットの基本中の基本ですから、何としても、改善したいところ。

では、どうやってよく噛んで食べるのか。それは

よく噛みながら、食べられる量だけ食べるのです。

短時間で1食分を無理に食べなくても良いのです。

それでは、量が足りない

と、思うかもしれません。

しかし、意外にも、急いで1食食べるよりも、半分の量でも良く噛んで食べたほうが、腹持ちが良いのです。

満足感もそのほうがあります。

毎食毎食バタバタ食べていたら、ストレスもたまりますからね。

それに、もし、お腹が空いたら、また食べればいいのです。

いくら小さな子供がいても、お昼寝をしているときや、1日の中でも機嫌がいいときなど、食べられる時間はありますよね。

上手に痩せられる人は、そういった時間を有効活用しています。

自分のことは後回し

子供のことが優先で、自分のことは後回しになってしまいがちですが、ためには息抜きも必要ですからね。^^

先程の感想を頂いた女性も

目標だった

Tシャツにデニムが似合うかっこいいママ

この夏はこのスタイルでたくさんお出かけできました。

今日もこれからTシャツにデニムで子供を連れて遊びに行ってきますヽ(^ω^)ノ

 

と、授乳中でも自分の時間を大事にされていました。

ディズニーに出かけたりもしていましたよ。

まとめ

産後とはいえ、普段のダイエットと大きく変わることはありません。

健康的な食事と運動を習慣にすれば痩せます。

産後は自宅にいる時間が長くなると思いますから、習慣を変えるチャンスとも言えます。

1番邪魔されやすい、職場の人と関わらなくていいのです。

普段作らないようなご飯にチャレンジして、レパートリを増やすのも良いですよね。

習慣を変える基礎は、こちらの無料メール講座で学べますよ。^^