【女性向け】ダイエット中にプロテインは必要?その効果と選び方と飲むタイミング

こんにちは、パーソナルトレーナーの原田諭(さとし)です。

プロテインは上手く活用すると、ダイエットの手助けになってくれます。

しかし、全ての人に必要という訳ではありません。プロテインなしでもじゅうぶんにダイエットはできます。

この記事では、あなたにプロテインは必要か?

必要だとすると何を選ぶか

いつ飲むのか

何回飲むのか

に、ついて書きますね。

ダイエット中にプロテインは必要?プロテインを飲む意味

まず、プロテインを買う前にプロテインを飲む意味について理解してください。

ここを理解しないことには、買っても飲まなくなってしまいます。

ダイエットに関する物を「買っては使わない」を繰り返しているうちに、旦那さんの風当たりが強くなってしまいます。

ダイエットは基本的に家にあるものでできますから、自分にとって必要なものだけ買いましょう。

プロテイン=たんぱく質

たんぱく質は筋肉などを作ってくれる、体に必要な栄養素のひとつです。

そのためハードな筋トレをしなくても、「たんぱく質」は必要です。

ダイエットは糖質などの栄養素を不足させることで痩せることができますが、たんぱく質が足りないと筋肉が落ちてしまいますから、不足してはいけません。

食事では、肉、魚、海鮮、卵などから摂れますが

食事だけでは1日の必要量を摂ることが難しいため、プロテインを活用すると便利なのです。

しかし、僕が今までダイエット指導してきた中では、

1日3食を自炊出来ている人には必要がないと言えます。

・仕事が忙しくてお肉などを食べている時間がない

・そばだけなどカンタンにすませてしまうときがある

・間食を食べる時間がない

こういったことがある場合に活用しましょう。

ただ、あくまでも栄養補助としてです。食事の基本は噛んで食べることです。

ダイエット中のプロテイン「選び方」

プロテインは種類がありすぎて選ぶのがとても難しいと思いますが、実はカンタンです。

・ホエイ(WHEY)

・アミノ酸スコア100

この2つが記載してあるものにしましょう。

よく、女性向けのダイエットにはソイプロテイン(大豆)をおすすめする人がいますが、僕はホエイプロテイン(動物)をおすすめしています。

なぜなら、たんぱく質の吸収率が良いからです。

ソイプロテインはホルモンバランスを整えてくれるなどのメリットがあります。

しかし、それは食事でとるのが難しくありません。

買うのであれば食事だけでおぎなうのが難しいホエイプロテインにしましょう。

ダイエット中のプロテイン「オススメ」

さて、ホエイプロテインの中でもオススメの物が2つあります。

購入をするさいの参考にしてください。

まず、一つめは見た目はごめんなさい。笑

無添加プロテイン風神で検索して頂くとでます。

こちらはコスパがとてもよく、僕も購入して飲んでいます。

もうひとつがこちらです。

ヘルシーベストのホエイプロテインです。

2つの違いは値段です。ひとつめの方が値段が安いです。パッケージは激しいですけどね。笑

上記でご紹介した2つとも「無添加」であることが特徴です。

無添加は味が美味しくない、粉が溶けにくいなどのデメリットはありますが、健康に変えられるものはありませんからね。

特にプロテインに使われる添加物は、発がん性などがある甘味料などが使われます。

当然、避けた方が良いのです。

ただ、僕は添加物をかなり気にしていますが、これに関しては人それぞれです。こだわりすぎると食べられる物がなくなるのも事実です。

それほど気にしない場合は、こういったものがオススメです。

写真はホームセンターやスポーツショップで手軽に変えるザバスの物です。

無添加の物に比べ作っている会社が非常に多いですが

・ホエイ

・アミノ酸スコア100

この2つが記載してあるものを選択すると、会社による大きな違いはありません。

後は、値段と味で選ぶと良いです。

色々試して自分に合った味を選ぶと良いですよ。

ダイエット中のプロテイン「飲み方」

飲み方は水か牛乳がありますが、「水」にしましょう。

プロテインの良いとろは脂質が低いところです。牛乳は脂質が高いためプロテインの良さがなくなってしまうのです。

それなら低脂肪の牛乳なら大丈夫?と思うかもしれませんが

低脂肪にすると、今度は糖質が高くなってしまうのです。

美味しくはないですが、水で割って飲みましょう。

ダイエット中のプロテイン「タイミング」

たんぱく質は3食欠かさずに摂ることが大事なので、献立にお肉などのたんぱく質がない場合などに活用しましょう。

仕事が忙しいと、お昼ご飯をとる時間が短い時もあると思います。

そういった時には、プロテインを飲んで、おにぎりを食べるという方法もあります。

後は、間食です。

たんぱく質は腹持ちが良いので、間食にしても便利です。

筋トレの後に飲むのは効果的?

トレーニング後に飲むという方法がありますが、筋トレ後は

ものすごい強度の高いトレーニングがてきた時にのみ必要です。

強度の高い筋トレをすると、たんぱく質が不足して筋肉が減ってしまうからです。

しかし、コンテストなどを目指す方を除いて、パーソナルトレーニングを受けない限り、そのレベルのトレーニングは難しいといえます。

ちなみに僕のパーソナルトレーニングでお伝えしている、「卒業後も自分で続けられる運動」では、トレーニング後は必要ありません。

僕も週に2回ハードな筋トレをした後は飲みますが、その他の運動後は飲みません。

たんぱく質といえど、1日の摂取量をオーバーすれば脂肪になります。

摂るのが難しい栄養素なのでオーバーする可能性は少ないですが、基本的には3食の食事でしっかりと摂るようにしましょう。

ダイエット中のプロテイン「飲む回数」

栄養素は基本的に食事で摂ることが良いです。

噛んで食べることによって満足感があり、余計な食欲が増さないからです。

ですから回数を決めるのではなく、たんぱく質が不足してしまいそうな時に飲むようにしましょう。

1食の中に、肉、魚、海鮮系、卵

これらがなければ、不足している可能性が高いです。

ダイエット中のプロテイン「置き換え」

ここまでお読み頂くと、置き換えはしないほうが良いことがお分かり頂けると思います。

僕のお客さまでも置き換えをする場合は、最終手段として使います。

「食事はやれることはやった、運動も頑張っている!でも、もうちょっと痩せたい。」

そういう時に、一時的に置き換える場合があります。

そういった事をのぞき、置き換えはしないようにしましょう。

置き換えなどの食事を大きく減らすことはリスクが非常に大きいです。

置き換える場合は必ずパーソナルトレーナーやダイエットサロンなど、専門家の指導のもとやりましょう。

ハードな運動をしていなくても飲んでも大丈夫?

プロテインはたんぱく質です。

たんぱく質というのは、人が生きていくうえで欠かせない3大栄養素という物のひとつです。

数ある栄養素の中でトップ3に入るほど重要なのです。

ですから、どのように生活をしている人にも欠かせない栄養素の一つです。

ただ、ハードな筋トレをしている人に比べたら1日の必要量は減ります。

まとめ

ここまでお読み頂くと、プロテインはサプリなどと同じ栄養補助食品であることがお分かり頂けると思います。

ですから、飲んだから痩せるという魔法のような物ではありません。

食事は3食しっかりと噛んで食べることによって、健康的にキレイに痩せることができます。

1日の食事に関しては、実際にお客さまが食べているメニューの写真付きで無料のメルマガで詳しく解説していますので、下記から登録してご覧下さい。

あなたがキレイに痩せる、10日間無料メールセミナー