ダイエットに効果的な痩せるお風呂の入り方!「全身浴」「半身浴」の入浴法

こんにちは、原田諭(さとし)です。

 

痩せるために最適な入浴方法

 

正しい入浴法を知ると、ダイエットの手助けになってくれることは、間違いありません。

 

お風呂は1日の疲れをとることができ、睡眠の質が上がるからです。

 

僕のお客さまでも、シャワーより、湯船に使っている方のほうが、感情の浮き沈みが少なく、余計な物を食べてしまうことが、少ない印象があります。

 

それでは、ダイエットに効果的な、お風呂の入り方をお伝えしますね。

 

お風呂に入る時間、タイミング

 

寝る30分から2時間前に入ると、睡眠の質がとてもよくなります。

 

ときどき、夜は入らないで朝に入るという方がいますが、夜のうちに必ず入りましょう。

 

お風呂に入らないで寝るのは、歯磨きをしいないで、寝ることと同じです。

 

その日の疲れは、その日の内にとりましょう。^^

 

お風呂の温度

 

40℃や41℃がいいと言われていますが、温度は好みではないでしょうか。

 

お風呂に長く入っていられる人もいれば、すぐにのぼせてしまう人もいますからね。

 

リラックスして入れる温度、そして、お風呂からでたときに、寒いと感じないくらい、体が温まっているといいです。

 

ちなみに僕は42℃で、15分ほどつかっています。

 

お風呂は半身浴?全身欲?

 

お風呂は全身欲にしましょう。

 

半身浴で汗をたくさんかいても、それは、体の水分が抜けているだけです。

 

運動でかく汗とは違い、脂肪は燃えません。

 

なかには、2時間も半身浴で入っているという方がいらっしゃいました。

 

さすがに2時間も入っていれば、体がこってしまいます。^^;

 

半身浴の目的が汗をかくことであれば、ダイエット効果はありませんから、全身浴にしたほうが良いです。

 

全身欲による水圧は、マッサージ効果もあるからです。

 

実際のマッサージを受けるとき、足だけやってもらうよりも、全身やってもらったほうがスッキリしますよね。

 

湯船につかるということは、そういった効果もあるので、半身浴よりも全身欲にしましょう。

 

夏場でもしっかりと、湯船につかりましょうね。

 

お風呂でやるリンパマッサージは効果的?

 

筋肉をほぐしてあげたり、リンパを流すのはとても良いことです。

 

ただ、やるからには結果が欲しいですよね。

 

リンパマッサージに関する本がたくさんでてますから、少し勉強してからやると良いですよ。

 

何でもそうですが、自己流でやるのと、知識を持ってやるのとでは、大きな差があります。

 

ただ、リンパマッサージを自分でやるには、力も必要だったりするので、お風呂ではしっかりと休んで、その後にストレッチをするのも良いと思います。

 

僕もそうしています。^^

 

ここまでをご覧いただくと、おそらく、これまでに見たり、聞いたりした内容とは違っていると思います。

 

「半身浴をすると、代謝が上がって…」

 

という内容ではありません。

 

それはなぜかというと、そもそもお風呂に入る目的は、痩せることではありません。

 

汗をかいたり、体を温めても、脂肪は燃焼しません。

 

もちろん、運動をして汗を流すことや、日常的に体を冷やさないことは大事ですが、お風呂でそれをやっても意味がありません。

 

お風呂の目的は

 

・1日の疲れをとること

 

・グッスリ眠れるようにすること

 

疲れがしっかりとれていれば、意思が強くなります。

 

ぐっすり眠ることができれば、眠りが浅い方に比べ、一晩で200キロカロリーも、消費が多くなります。

 

これは、半年で5キロ分の脂肪になります。

 

ぐっすりと、眠るようにするだけで、半年で5キロと考えたら、すごいですよね。^^

 

そして、最後に

 

お風呂前後の体重は一切、気にしないでください。

 

むしろ、体重が減るほどの汗をかいていれば、それはまずいことです。

 

脱水になればなるほど、筋肉が燃えてしまうからです。

 

筋肉が減ることは、基礎代謝の低下を意味します。

 

お風呂で水分を抜いても、脂肪は、1グラムも減らないことを覚えておいてください。