ダイエット中におすすめのフルーツと、食べる時間

こんにちは、原田諭(さとし)です。

ダイエット中、どうしても甘いものって食べたくなりますよね。

パーソナルトレーニング中もよく、「フルーツは食べても大丈夫ですか?」と聞いて頂きます。

結論から言うと、食べても大丈夫です。

選ぶ物や食べるタイミングさえ間違えなければ、食べても大丈夫です。

しかし、こればかりは他の食事とのバランス、目標によって大きく変わりますから、あくまで参考程度にしてください。

ダイエット中におすすめのフルーツ

まず、ここが1番大切なポイントですね。

フルーツは脂肪になりやすい糖質でできていますから、正しく選べるようになりましょう。

いちご、りんご、みかん、キウイ、グレープフルーツ、さくらんぼ

これらがおすすめです。

おすすめする理由は糖質が低いからです。

反対に手軽に手に入るバナナや、メロン、柿などは糖質が高いですからさけましょう。

ダイエット中にフルーツを食べてもいい量はどのくらい?

僕がレッスンの時にお伝えするのは、このくらいの量になることが多いです。

イチゴ10粒

りんご1/4

みかん1個

キウイ半分

グレープフルーツ半分

さくらんぼ10粒

結構、多いと感じたのではないでしょうか。

しかし、あくまでも目安にしてくださいね。

初めにもお伝えしましたが、他の食事とのバランスもあれば、目標によっても食べて良い量は全く違います。

ダイエット中にフルーツを食べるタイミング

食後に食べる方が多いのですが、あまりオススメできません。

それから、ご飯の変わりにすることも、その後の「食欲」に影響しますから、さけましょう。

ただ、もともと朝ご飯を食べる習慣がなかったり、朝はあまり食べられない場合は、果物を食べるのもありです。

3食食べている場合は、間食にしましょう。

しかし、フルーツから食べれば太りやすくなってしまいますから、事前にナッツやチーズを食べてからが良いですよ。

ダイエット中のフルーツグラノーラはどうなの?

一見体によさそうなイメージのある、シリアルですが、砂糖も入っていれば、小麦粉も使われている場合が、ほとんどです。

つまり「洋菓子」を食べているようなものです。

色々な栄養素が入っているというメリットはありますが、砂糖と小麦が入っているというデメリットのほうが大きすぎるのです。

ダイエット中はやめておきましょう。

なぜ、フルーツだけでも、色々な情報があるのか

ここまで読んで頂いた方のなかには恐らく、

「他のサイトと書いてあることが違う。一体どれを信じたらいいの」

と、思った方もいるのではないでしょうか。

「朝バナナが良い」

「低カロリーなフルーツを食べることによって、摂取カロリーを抑え、痩せよう」

「イチゴにはビタミンがどうちゃら」

などと書いてあったり、どれが本当なのかわからないですよね。

結論からいうと、広告が貼ってあるブログは基本的に信用しないでください。

読んでいる途中に酵素ドリンクなどの広告が出てくるあれです。

なぜなら、そういう方たちというのは広告収入を得ることを目的としていて、指導経験などないからです。

僕はこの記事を書く前に「ダイエット フルーツ」と検索して上位10位までのサイトを全部よみました。

そこで、感じたのは「あぁ指導経験がないんだな」と。

指導経験が少しでもあれば「フルーツは低カロリーだから良い」など、口がさけても言わないはずです。

無責任すぎる発言がとても多いのです。

この記事の最初に「他の食事とのバランス、目標によって大きく変わりますから、あくまで参考程度にしてください。

こう書いたのは、良い意味でも悪い意味でも、書いてあることを信じすぎてしまう方がいるからです。

自分に合った方法というのは1人1人違いますから、まずは良さそうだったところを取り入れてみてください。

後はひたすら、トライ&エラーの繰り返しです。

ということで、ネットで情報を得るときは「誰が発信しているか?」も見るようにしてくださいね。^^

専門家が書いている場合は、だいたいプロフィールがのっていますよ。

僕のプロフィールはこちらです。